プロフィール

高橋 幸恵

Yukie Takahashi

 

・薬膳と発酵食の教室白檀主宰

・フードライフコンシェルジュ®Yukie

・管理栄養士

・国際中医薬膳師(国立北京中医薬大学日本校中医薬膳専科卒業)

・一般社団法人 日本中医営養薬膳学研究会講師養成講座終了

・発酵食エキスパート1級

 

・日本中医学院(旧国立北京中医薬大学日本校)中医中薬専攻科在学中

 

HPへご訪問頂き、ありがとうございます。

 

私は小さい頃から食べることが大好きでした。

進路を決める時、食べたもので体が作られていることを実感していたことと、食べたものが体でどんなふうに吸収され、利用されているのか知りたいと思い、栄養士になることを決めました。 

また、管理栄養士になると、食事の指導ができるということもわかりました。

どんな食事をしたらいいのか困っている人のお手伝いができる職業なんだと、嬉しくなったことを覚えています。

 

管理栄養士となり、今まで大手給食委託会社で管理栄養士として勤務してまいりました。

保育園、小学校・中学校、老人ホーム、介護施設、急性期の総合病院(産婦人科、人工透析含む)、事業所給食、また店舗の衛生監視巡回、新規店舗立ち上げなど、一通り経験させていただきました。

急性期の総合病院勤務時代は、病気で入院している方に、病態ごとに食事を提供しました。

具体的には、糖尿病食、腎臓食、肝臓食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓食、脂質異常症食、高度肥満症食、痛風食、などです。

病態に応じて、食材を選び、献立を組み立て、調理を行うという作業は大変でしたが、とても勉強になりました。

この頃、健康になるために、現代栄養学だけではなく、薬膳や発酵食を組み合わせたらいいのではないかと思うようになり、中医学や発酵食について学んでまいりました。

学べば学ぶほど、健康には食事が大切ということを実感しました。

今まで、食事について困っている多くの方に接してきました。

フードライフコンシェルジュと名乗ったのは、食生活のコンシェルジュでありたいという思いからでした。

食生活と一言で言っても、離乳食の赤ちゃんから、介護食の必要な高齢者の方まで幅が広いです。

すべての世代の食生活のコンシェルジュでありたいと思っています。 

この教室と縁された方々は、一人ももれなく健康で、長寿で、幸福で、ご自身の人生を心の底から楽しんでいける方になっていただきたいと思っています。

また、そうなっていけるように、しっかりと、お手伝いさせていただきたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。